中古パソコンを購入するときに注意したいポイントとは?

中古パソコンを購入するときに注意したいポイントとは?

私達の生活に不可欠な存在になっているのがパソコン。スマートフォンが高機能になっていますが、限度があります。さて、購入する場合に、発売して間もない最新モデルを購入するのは割高になってしまいます。しかし、中古パソコンでいいならば、お値段以上の良い品物を手に入れることもできます。
 
しかし、中古パソコンを購入する場合には注意しておきたい面があります。粗悪なジャンク品が激安料金で販売されている事例もあります。そんな失敗をしないように、知っておきたい基礎知識を整理しておきましょう。
 
 
最上位モデルで1世代か2世代前のモデルならば十分に使用できます
 
新品よりも格安で購入できる……それが中古パソコンの一番のメリットになるでしょう。中古の場合は、発売された最新のパソコンでも1割程度は安くなります。1年や2年前の型落ちのモデルだと定価の半額になっている場合もあるのです。ハイスペックの中古モデルでも新商品の半値ですからコストパフォーマンスがいいです。
 
そんな中古パソコンですが、新商品と違って在庫が潤沢にあるわけではありません。良い状態の中古パソコンは購入を早く決断しなければ、買い逃してしまいます。もっとも、購入を検討するべきモデルは1世代から2世代前のCPUを搭載している最上位クオリティーの中古モデルです。
 
最上位モデルのパソコンならば、同じシリーズ展開している最新商品と比較しても、そこまで性能面が落ちることはありません。高性能なスペックですから、長く利用できるでしょう。その場合でも、本体の使用状況をしっかりとチェックしておきましょう。
 
チェックポイントとは次のような点です。
・ボディーの傷の有無
・キーボードの文字面の擦れ具合はどうなのか
・モニターのドット抜けの有無
・バッテリーの劣化具合はどうか
 
こういったポイントを確認しておけば、中古パソコンを購入したあとのトラブルを回避できます。
 
液晶の状態を確認する場合は、液晶の色むらがないかとか、ドット抜けの不具合は必ずチェックしておきましょう。確認する方法ですが、画面の背景を黒一色にしたり、白一色にしたりすると、はっきりと確認できます。
 
キーボードの状態は、酷使されていることもあります。キーボードの文字が消えていたり、テカリがあったり、「がたつき」があったりします。タッチタイプのホームポジションで人差し指になる、「Fキー」「Jキー」や文字入力で確定をするスペースキーは利用頻度が多いです。
 
ハードディスクやタッチパッドに関しては交換や代用ができます。内蔵ハードディスクでも、ちょっとした知識があれば、専用のドライバーがあれば自分で交換することもできます。タッチパッドやドライブはUSB接続で戸ト付け機器を使えば代用できるのです。

中古パソコン中古ノートパソコンLenovo 中古パソコンpanasonic 中古パソコン東芝 中古パソコンDELL 中古パソコンHP 中古パソコンApple 中古パソコンNEC 中古パソコン富士通 中古パソコンlet’s note 中古Dynabook 中古Latitube 中古xps 中古optiplex 中古folio 中古probook 中古Elitebook 中古Zbook 中古iMac 中古Macbook Pro 中古Macbook Air 中古surface 中古iPad Pro 中古iPad mini 中古iPad Air 中古iPad 中古iphone 中古xperia 中古Galaxy 中古